TOP > 採用情報

採用情報

採用エントリー
  • ▶ チタ製作所とは
  • ▶ 部署紹介
  • ▶ メッセージ
  • ▶ 採用の流れ
  • ▶ 募集要項

0-ゼロ-から世界へ

創業60年の専用工作機械メーカー「チタ製作所」

チタ製作所の取引先は、自動車メーカーやその部品を作っている会社が中心です。そういったクライアントに応えるため、私たちは、自動車部品を作るための機械「専用工作機械」を、全て自社で作っています。
部品ごとに「専用工作機械」も代わり、またクライアントの要望通りに仕上げる必要があるため、私たちの作り出す機械は世界にたった一台。
自社で全てを製造している数少ない会社の一つです。

「世界に一台」をゼロからつくる

約700点ものパーツから構成される専用工作機械。それは100分の1ミリの誤差も許されない厳しい世界です。私たちは、それら全てをひとつひとつ設計・加工して創り上げていくスペシャリスト集団であると自負しています。ハイクオリティーな機械を自社製作してきた結果、お客様の仕様に柔軟に対応でき、またコストやスピード面の優位性もあることから、お客様から高い評価を頂いています。

Only oneの仕事

私たちは技術のスペシャリストです。

どんなに優れた性能を持った自動車も、精度の高い工業技術がなければ生産はできず、市場に出ることもありません。
私たちチタ製作所は、自動車メーカーとの60年以上にわたる長いお付き合いの中で、その信頼関係を築きあげてきました。
100分の1ミリにまでこだわり、熟練された職人の目と手。そして時には斬新なアイディアによって生み出された私たちの工作機械が、この自動車産業の発展を支えていると自負しています。お客様の漠然としたイメージを、アイディア巧みにデザイン、設計しそれを職人が目の前で創り上げていく…この全ての過程を目の前にすることで、本当の意味でのモノづくりを知ることができます。

bgイメージ

チタ製作所の部署紹介

「製販一体」となった工作機械メーカーであり、オーダーメイド機を扱う企業として、ユーザーと接点を持つのが営業部・技術部です。
ユーザーの生産現場をダイレクトに掴み、潜在的なニーズをくみ取って構想に反映できるよう、営業スタッフはもちろん、設計スタッフも打ち合わせの段階から参加。品質、納期、コスト面など、ユーザーとのコミュニケーションを通して、付加価値の高い開発に取り組んでいます。また、マシンの構想を練る設計スタッフは、いわばプロダクトマネージャー。CADによる設計をはじめ、部品加工、組立てなど各関連部門との連携によって、納入時にはメンテナンスまで、全責任を持って遂行する重要なポジションでもあります。難しさもありますが、しかしそれだけにやりがいの大きさは測り知れません。

ユーザーニーズを的確に反映させ、綿密に練り上げられた設計図面をもとに、鋼材から各部品を一つひとつ作り上げていくのが機械部です。一台のマシンを構成するのに必要なパーツは、平均して約700点。すべてが寸分の狂いなく正確に加工されることで、初めて高精度が確保できるだけに、機械部のサポートがなければ信頼ある製品を生み出すことは不可能です。そこでNC工作機やマシニングセンター(無人NC複合工作機械)をはじめ、恒温室など最新設備を積極的に導入するとともに、技術者の技能レベルの向上にも注力。各種技能講習への派遣や国家資格の取得などを会社が全面的にバックアップしています。こうした環境の中、技術者一人ひとりが高精度を追求する姿勢を保ち続け、チタ製作所の比類なき技術力を支えています。

工作機械のボディを精密加工するハード部門に対して、その動作環境を構築するソフト部門がメカトロ部・電気室。シーケンサーを使用した生産設備や工作機械の自動制御など、他部門と同様、オーダーメイド機が主流となるため、毎日が新しい技術への挑戦です。しかも最新技術が数ヶ月先には過去のものとなってしまうほど、制御技術は進歩の著しい分野。それだけに常に鮮度の高い情報収集も必須です。 また、オーダーメイドとはいえ運用する過程で改善点も発生します。そのため国内はもとより、取引先の海外生産拠点に飛び、メンテナンスを行なうのも大切な役割の一つ。1週間程度の短期から2~3ヶ月の長期滞在までさまざまですが、言葉の壁を超え、技術でわかりあえる喜びを経験して、スタッフはさらに大きく成長できるのです。

機械部で精密加工された数百点のパーツを組立て、1台のマシンを完成させるのがメカトロ部・組立課の役割です。ほんの1ミクロンのズレが動作や生産性などに大きく影響を与えるだけに、責任は重大。スピーディかつ厳密な寸法管理のもと、各部門の技術の集大成としてマシンの最高性能を開花させています。また、電気室スタッフらとともに、ユーザー先で修理や改造を行なうのも重要な仕事。納入した工作機械以外に、他社の最新機種やすでに改造の加えられているマシンを扱うことも多く、まさにケースバイケースで臨機応変な対応が求められます。しかし、それこそ長年培った技術やノウハウを発揮できる大舞台。休日の期間内で工事を迅速に完了させ、自動車メーカーをはじめとする各ユーザーの生産性向上に大きく貢献しています。

bgイメージ

チタ製作所代表からのメッセージ

株式会社 チタ製作所
代表取締役社長

間瀬 康友
1952年生まれ。創業者である先代の後継者として平成元年、37才の若さで社長に就任。以来“技術のチタ”を企業理念に、つねに時代の変化を捉えながら、「現場主義」に基づいたリーダーシップを発揮している。

深く掘り下げる先に、見えてくるものがある。

当社は昭和21年の創業で、平成元年より私が引き継いだわけですが、先代は手とり足とり教えるようなことはしませんでしたね。
やはり“技術のチタ”として、変化する時代に臨機応変に対応すべきこと、自身で失敗もして経験を重ねてみなければ本物にならないことを、先代はその背中で教えてくれたのでしょう。

私自身、「深は新なり」という言葉を座右の銘にしていますが、これは一つのことを追求し、経験を重ねて深く掘り下げる先に新しいものが見えてくるという意味です。
本業一筋、工作機械メーカーとして固有技術を究めていくことが重要ですし、もちろんモノづくりの会社ですから机上の空論など通用しません。たとえば設計者も図面さえ描ければいい、というのではなく、現地現物、現場でモノを見るべきでしょう。 まずは現場ありき。
これは私も生涯、貫きたいことですが、現場の目線なくして精度や効率を高めよ、とただ指示するだけは無意味です。
どこに改善点があるのか自分の手と目で確かめた上で、どの社員も存分に技術を発揮できる環境を用意する。それが私の役割であり、そうした自分自身で経験することの大切さを、今度は社員一人ひとりに私の背中で伝えていければ、と思っています。

自分の仕事に誇りを持てる人材、しかいらない。

生産現場のニーズに合わせ、世界に1台しかないオーダーメード機を作り上げる技術力が当社の強みですが、今後は改造や修理などのメンテナンス分野をさらに強化したいですね。
いまの時代、専用機にさえ、いくつもの部品を加工できるような「フレキシブル化」が求められていますし、たとえばそうした改造によって新品同等の成果を上げられる高度な技術への関心も高まっています。
それこそ、まさにどのメーカーのマシンにも対応してきた当社の本領を発揮できる領域。
「技術の進歩を見つめながら、なおかつモノづくりの本質を忘れず、21世紀の鍛冶屋であり続けたい」というのが当社のモットーです。どんなものでも気軽に修理を頼めた、かつての鍛冶屋のように、また、鉄より堅いと謳われた、鍛冶職人の腕と心意気を我々も持ち続けていたい。とくに工作機械の場合、コンマ数ミリの違いがそのままカタチとなって現れるシビアな世界です。小手先で勝負できるような虚業ではありません。
しかしその逆に、優秀な工作機械は生き続けます。だからこそプロ意識と誇りを持って、仕事に臨めるような人材にチャレンジして欲しいですね。当社は能力主義により評価を確実にフィードバックする体制を整えていますし、超A級の人材も豊富です。彼らを目標に、自分の技術をとことんブラッシュアップできる喜びを味わってください。

チタ製作所の先輩社員からのメッセージ

入社6年目 理工系大学卒

チャンスをくれる会社・そしてチャレンジを認めてくれる会社

仕事内容は?

治具の設計です。自動車エンジンを加工するための、固定装置の設計ですね。CAE解析やMCの加工プログラムに落とし込めるように、3DCADを用いて設計します。

求める人物像、またこの仕事の魅力は?

仕事で必要な知識や技術は、入社後に身に付きますので心配ありません。大学で勉強した知識はあるに越したことは無いでですが、それよりも大切なのは、強い好奇心と遣り通す責任感だと思います。そんなに難しい条件はありません。とにかくポジティブであることが一番。根拠なんてなくてもいいから(笑)。他の設計会社には無い、チタ製作所の魅力は、ものづくりの現場がすぐそこにあること。設計とものづくりの現場とが直結しているから、わからないことはすぐに現場に聞きに行ける。設計上の問題がどこにあるのかすぐに分かるし、その改善方法も現場と一緒に考えることができる。実際、図面だけでは分からないことが設計にはたくさんあって、それをお互いが顔をあわせて共有することは、とても大事なんじゃないかと思います。加工においても、おおまかに分かった上で設計ができるし、人に教えてもらえる環境もある。チタ製作所は、設計マンとして大きく成長できる会社だと感じています。

大変なところは?

当社は、“世界のトヨタ”が製造するその時期の売れ筋の車種(2012~2013年ではプリウス、アクアなど)に使われる、ある部分の設計を担っています。このような規模の当社が、トヨタさんと直接取引をし、対等に仕事に取り組ませて頂いている。これは、職人としてとてもやりがいのあることですし、その分、プレッシャーが無いと言えば嘘になりますね。

あなたにとって、チタ製作所とはどんな会社ですか?

やりたい事が明確な人に対しては、とにかく任せてくれる会社です。逆にいうと、任せてもらえるかどうかは、本人の仕事に対する意欲次第ということ。私はこの分野での設計は6年目になりますが、今ではその中心的な存在として仕事を任されています。また、デジタルエンジニアリングの分野に新たに挑戦をさせてもらっていて、とてもやりがいを感じています。自分のやる気しだいで挑戦できる環境は自己成長につながりますし、他社ではなかなか無いのではないかと思っています。

 

入社2年目 理工系大学 電気系学科卒

みんなで一つの物を創り上げる面白さ、チームワークの大切さを学びました。

仕事内容は?

以前は板金の加工の部署に配属されていました。図面を見て工具を理解し、プログラムを組んで機械を動かし、部品を加工するのが主な仕事でした。現在はメカトロ部に配属され、設計図通りにパーツを組んでいく、組立ての仕事をやらせてもらっています。

この仕事の魅力は?また将来的な夢は?

職人として、実際に働いた時の喜びは何事にも変えがたいと思います。今は組立ての部署ですが、ロボットが組み上がった後、実際にどういう動きをして、更にどういうプログラミングを施すかという部分にも興味を持っています。将来的にはそういった仕事にも携わっていきたいと思っています。

大変なところは?

まだまだ勉強中の身で覚える事が山積みなんですが、チームワークの重要さに気付かされました。メカトロという部署は、電気の担当や設計の担当も交えて仕事をしていくので、それらの専門用語も覚えなくてはいけません。自分の部署の知識だけでは組み上げられないんですよね。互いの要望を聞いた上で、みんなで一つの物を創り上げていく。思っていた以上に難しい仕事ですが、苦労して皆で創り上げ、出来上がった時の達成感こそが逆にメカトロ部の面白さだと思っています。

あなたにとって、チタ製作所とはどんな会社ですか?

当然ですが、一人だけではモノって出来ないんですよね。皆で協力して一つのモノを創り上げていく。専用工作機械を創る上で、チームワークってものすごく重要で、皆で言いたいコトを言い合いながら、より良い物を創り上げていく。先輩は親切で、何を聞いても教えてくれますし、驚くほどプロフェッショナルな技術を持っている先輩もいます。そんな中で驚きや発見、喜びも感じる事も出来るし、人間的にも成長していく事が出来る。チタ製作所にはそんな環境があります。

bgイメージ

チタ製作所の採用の流れ

【エントリー】

まずは就職サイトからエントリーしてください。
(エントリーフォーム、お電話でのエントリーも受け付けています) 全てはここから始まります。

  

【会社説明会エントリー】

エントリーくださった方に、随時開催する説明会の日程、申し込み方法を直接お知らせします。
インターネットで申し込みをしてください。

【説明会参加】

「2時間」
・事業内容、職種などを紹介します。
・社員の登場も考えています。
・筆記試験への申し込み方法もお知らせします。

【一次試験】

筆記試験を行います。

【二次試験】

個人面接と小論文(作文)を行います。

【内々定】

二次試験合格者には内々定のご連絡をします。

bgイメージ

チタ製作所の募集要項

新卒募集要項

募集職種 機械設計
電気回路技術員
メカトロ技術員(エンジニアリング)
機械加工技術員
セールスエンジニア
初任給 200,000円(大卒2012年4月実績)
181,500円(専卒・短大卒2012年4月実績)
諸手当 管理手当、家族手当、残業手当、通勤手当
昇給・賞与 昇給:年1回
賞与:年2回
特別賞与制度あり
主な勤務地 愛知県大府市
勤務時間 8:20~17:00  ※フレックスタイム制度有り
休日・休暇 土日週休2日制、年末年始休暇、ゴールデンウィーク休暇、夏期休暇、慶弔休暇
待遇 交通費全額支給、社員持株制度、資格取得補助制度(費用は全額会社負担)、研修制度、社員旅行年1回
福利厚生 ◆社会保険:健康保険、厚生年金保険、労働保険完備
◆諸制度:財形貯蓄制度、退職金制度
◆遠隔地の方にはアパートを用意いたします
教育制度 <新入社員>
◆基礎教育、マナー、製品の製造工程などを身につけます
◆各部署でOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)による実践教育
<一般社員>
◆外部講習会等への参加による管理者教育
◆会社による国家資格取得の全面的バックアップ
◆新しい技術への対応として、トヨタ自動車の教育部での受講
※当社は個人の主体性を引き出すように、これからも社員本位の教育制度を整備
 していきます。
採用予定学科 理系

中途募集要項

募集職種 機械設計
電気回路技術員
メカトロ技術員
機械加工技術員
セールスエンジニア
初任給 ※経験、前職給与などを考慮の上、当社規定にて決定します。
(同業ではトップクラスの年収です)
諸手当 管理手当、家族手当、残業手当、通勤手当
昇給・賞与 昇給:年1回
賞与:年2回
特別賞与制度あり
主な勤務地 愛知県大府市
勤務時間 8:20~17:00  ※フレックスタイム制度有り
休日・休暇 土日週休2日制、年末年始休暇、ゴールデンウィーク休暇、夏期休暇、慶弔休暇
待遇 交通費全額支給、社員持株制度、資格取得補助制度(費用は全額会社負担)、研修制度、社員旅行年1回
福利厚生 ◆社会保険:健康保険、厚生年金保険、労働保険完備
◆諸制度:財形貯蓄制度、退職金制度
◆遠隔地の方にはアパートを用意いたします
教育制度 ◆外部講習会等への参加による管理者教育
◆会社による国家資格取得の全面的バックアップ
◆新しい技術への対応として、トヨタ自動車の教育部での受講
※当社は個人の主体性を引き出すように、これからも社員本位の教育制度を整備
 していきます。
連絡先 〒474-0071 愛知県大府市梶田町三丁目14番地
経営企画部 総務室/採用担当
TEL 0562-48-2171
エントリーフォーム
※応募される方は、お電話またはエントリーフォームでご連絡ください。
bgイメージ