TOP > TOTALセットアップ

TOTALセットアップ

  • ▶ はじめに
  • ▶ メリットのご提案
  • ▶ ものづくりサポート
  • ▶ デジタルエンジニアリング
  • ▶ 治具作りこみ
  • ▶ 搬送
  • ▶ 海外実績

提案型のプロフェッショナル集団であること

クライアント様のニーズに安心を提供いたします

私たちは自社内一貫体制においての「連携」を最も大切にしています。
各工程、プロの職人が共通の目標に向かって強く連携し、あらゆる課題に取り組んで行く
それが私たちのモノづくりへのこだわりです。

発注から納品まで、全て一気通貫で行います

これにより【低コスト】【高品質】【短納期】を実現。国内外のお客様より、高い評価を頂いております。

一気通貫

Point①

デジタルエンジニアリングを有効活用し、問題を未然に防止。(干渉確認、CAE、CAM、シミュレーション)

Point②

各部品を各工程毎に【原単位】で算出し、コスト管理・納期管理を実現。

Point③

多APC、多ATC設備を使用した無人運転を実現。負荷対応、低コストの実現。内製率が高いことによる短納期、突発対応が可能。

Point④

各チェックシートを作製及び活用し、高品質な商品を提供するための最終チェックを実施。

Point⑤

クライアント先へ迅速に納品いたします。

bgイメージ

あなたの会社にあわせたメリットをご提案します。

TOTALセットアップ

○現地据付工数削減
○生産技術部門(お客様)工数削減
○仕様漏れがないため仕様追加なし

コスト↓
納期↓
コスト↓
納期↓
コスト↓
品質↑
  STEP1 STEP2 STEP3 STEP4 STEP5
治具 企画会議
仕様打合せ
設計 製作    
セットアップ   NCPro デバック  
搬送 設計 製作 製作 セットアップ

チタ製作所の最大の特徴である、一気通貫サービス。
中でも【治具】【セットアップ】【搬送】は全て内製で対応。
TOTALセットアップする事により、コストメリット・工数メリットをお客様へご提供いたします。要望に併せて希望部門だけのご発注も可能です。

治具取組み

STEP1

・刀具検討(刀具図作製)
・母機選定(工程検討)
・治具姿勢選定(工程検討)
・ツーリング図作製
・工作図作製

矢印

STEP2

・ツーリング干渉確認(治具構想設計)
・剛性解析 CAE(治具構想設計)
・搬送ハンド干渉確認(治具構想設計)
・組付図(詳細設計)
・部品図(詳細設計)
・内部ポートバリ確認(製作・組付)
・500サイクル耐久確認(製作・組付)

矢印  
→ チタ製作所 or お客様 → チタ製作所
セットアップ取組み

STEP3

・NCプログラム作製

 
STEP4

・油気圧ユニット取付(母機改造)
・クーラント取付(母機改造)
・付帯カバー取付(母機改造)
・芯出し(治具載せ)
・調整(母機改造)
・配線・配管(母機改造)

矢印  
→ チタ製作所
搬送取組み

STEP2

・治具干渉(ハンド構想)
・剛性解析(ハンド構想)
・品質チェック台(レイアウト検討)
・ストック台(レイアウト検討)
・NG払い出し(レイアウト検討)
・搬入出コンベア(レイアウト検討)
・安全柵(レイアウト検討)
・ロボット台数(C/T)(レイアウト検討)
・剛性解析 CAE(レール構想)
・サイクルタイム確認(シミュレーション検討)
・干渉確認(シミュレーション検討)
・ロボットプログラム(シミュレーション検討)
・詳細設計

STEP3

・レール(製作・組付)
・品質チェック台(製作・組付)
・ストック台(製作・組付)
・搬入出コンベア(製作・組付)

・安全柵(製作・組付)

 
STEP5

・ティーチ
・各個確認

矢印  
→ チタ製作所  

TOTALセットアップで問題の予期発見・つぶし込みが可能低コスト・高品質・短納期を実現

●治具の設計から製作・セットアップまで全てご依頼いただけます。
●海外の工場への納品でき、アフターフォローも万全。
●治具製作のみなど、希望部門だけのご依頼も可能です。

bgイメージ

TOTALセットアップのサポート(ものづくりの全工程をサポート)します

チタ製作所では、信頼性を前提とした安心の機器を開発し、時代のニーズとお客様の事業スピードに即したサービスをご提案
します。
スキル・工程と密接な連携も弊社の魅力の一つです。設計のロス圧縮、各種課題への迅速な対応。更には製造工程への原単位
指示、工程管理等、モノづくりを進める上での最適なプロセスを効率よく推進できます。

#30設備

縦型#30設備

メーカーの標準CNCを搭載した主軸30番の高速
高精度加工機です。

工程検討

治具構想設計

ツーリング干渉確認

CAE(解析)

レイアウト干渉確認

シミュレーション検討

bgイメージ

デジタルエンジニアリングの有効活用で無駄・ムラを無くし、スムーズな立ち上げを実現

デジタルエンジニアリングへの取り組みで、更なる「低コスト」「高品質」「短納期」が可能になります。

デジタルエンジニアリングの流れ

●構想検討
●機器選定
●問題点の抽出

●3D構想設計
●CAE
●構造・施工性検討
●干渉チェック

●詳細設計
●加工プログラム作製
●ロボットシミュレーション

デジタルエンジニアリングのメリット

CAMで
加工時間を算出し
コスト試算が具体的
物を作る側の
ノウハウや知識を
フィードバック
製造部門や
品証部門に
意図を伝えやすい
モデリングによる
加工プログラム
作製が可能
3Dモデルで
物の形がわかりやすい
顧客や協力会社との
コミュニケーションが
円滑
  シミュレーションで
実機同様の動きを実現

チタ製作所での取り組み

3D治具設計

・加工ツール、パスや搬送装置との干渉確認を実施。
・動作部(クランプ、チルト等)の干渉確認を実施。
・詳細の配管まで3Dにすることで、リーク等の問題を未然に防ぎます。

ロボット・シミュレーション

・ロボットメーカー各社のシミュレーションソフトを使用することで、実機と同等の動き、プログラムの
 作成を実現。
・サイクルタイム検証、干渉確認を実施。

CAE

・解析ソフトを使用することで、よりスピーディーに剛性解析を実施。

CAM

・社内のCAMシステムに3Dモデルを展開することで、加工プログラム作製時間の短縮。

bgイメージ

治具製作工程の仕組み、品質保証の取り組み

治具製作の全ての業務前に企画会議を行い、関係者全員で【仕様】【日程】等を確認し、プロジェクトの成功を目指します。

前段取り

社内工程

●生産管理にて材料手配をする。
●生産管理で原単位にて部品製作の加工
 工程表を作成し、それぞれ加工設備に
 対するチェック表を作成。
●チェック表を基に各作業者が製作日程
 をホワイトボードに記入する。

ホワイトボード

【ホワイトボード】

【品質保証の取り組み】
●CAMの3Dモデルにてパス穴等の
 不備が無いか加工前チェックをす
 る。
●CAMを3種使用しており、8台の
 使用端末を所持している。
CAM

【CAM】

部品加工

社内工程

●工程指示に基づいて機械加工を行う。
 ①上下面の面削り、仮基準削り、
  精度無穴加工
 ②側面の面削り、精度無穴加工
 ③平面度仕上げ、面粗さ
 ④側面仕上げ、精度穴仕上げ
 ⑤精度穴仕上げ
 ⑥検査へ

ホワイトボード

【加工機】

【品質保証の取り組み】
●CLY穴等の標準規格品は加工プロ
 グラムを標準化している。
●問題等が起きた場合、その都度対
 策をして毎週定例の改善会議で横
 展開を実施。
●過去の実績より、研磨代等の独自
 のルールを作成し製品の一定化を
 実現。
CAM

【加工機】

単品検査

社内工程

●単品全数検査を実施。
●精度検査表を使用し単品部品の測定を
 行う。

ホワイトボード

【測定器】

【品質保証の取り組み】
●大型三次元測定器を用い、大物治具の単品検査を実施。
●部品を中間検査→工程内検査→最終検査の三段階に分けて検査し
 高品質を保証。
●機械場、検査室共に室温を20±1℃に設定する事で安定した精度保証
 を実現。
●鋳巣があった場合、鋳物修正を禁止し鋳物を再手配する。

組付け

社内工程

●社内組付ルールに基づいて組付けを
 実施。(トルクレンチ等の使用も含む)
●リークテストを行い、治具本体の内部
 にてエアー漏れが無いか確認し、漏れ
 が無ければ油圧をかけて再度漏れを
 確認する。

ホワイトボード

【ファイバースコープ】

【品質保証の取り組み】
●バリ取りを、ブラシ・ドリル・ヤスリで行い
 ファイバースコープを使用して、ポート穴のバリ
 等を確認している。
●治具本体の洗浄をエアーだけでなく、油圧洗浄
 をし、切り粉等を一掃している。
●過去多種類の治具を経験し、その担当者が組付け
 指示書を作製し、組付け・指導する事で品質の安
 定をしている。
●クランパーの増し締めを弊社では、3回実施して
 いる。
CAM

【リークテスト機】  

ASSY測定

社内工程

●精度検査表を使用し各項目の測定を
 行う。
●500サイクルの耐久テストを行う。

ホワイトボード

【測定器】

【品質保証の取り組み】
●大型三次元測定器を用い、大物治
 具のASSY測定を実施。
●母機使用のテストベンチを使用し
 現物との誤差を少なくしている。
CAM

【テストベンチ】  

出荷

社内工程

●標準治具出荷チェックリストを使い、各項目を確認し
 全ての項目がOKになった時点で出荷とする。

ホワイトボード
bgイメージ

搬送セットアップの取組み

現地据付工数の膨らむ搬送装置をすばやく立ち上げることにより
ライン稼動までのスムーズな立ち上げ、お客様の工数削減をお手伝いします。

【作業日数について】   

置きポン化への取組み

【シミュレーション】
 ①オフラインティーチ可能なロボットシミュレーションを使用し、機械設計、電気設計、ロボットティーチ、組付け全員参加
  で作製。
 ②設備据付図、現地スケッチデータを3D化しシミュレーションに取込み、オフラインティーチ実施。

【社内作り込み】
 ①据付図面、現地スケッチデータを下に簡易治具を製作、三角測量で計測し据付誤差±0.5mm以内に設置し、オフライン
  ティーチデータを確認。
 ②品質チェックサイクル、刃具交換サイクルをインターロックを含めて完全な動作チェックを実施。

今後の設備目標

【シミュレーション、オフラインティーチの強化】
 ①周辺設備、付帯を含めて全て3D図面化し、シミュレーション実施。
 ②メーカー、ロボットタイプを問わずオフラインティーチを実施。

【作り込みの強化】
 ①作業手順書作成(30分単位)
 ②客先、弊社、関係メーカーとのコミュニケーション

インフラ設備一覧

チタ製作所でのCAD、解析、シミュレーションのインフラ一覧です。

  ソフト名 3D対応
CAD MicroCaelumⅡ
Creo2.0
解析 ANSYS DesignsSpace
Creo2.0 Mechanica
  ソフト名 オフラインティーチ オフライン実績
シミュレーション MotoSim
EG(安川ロボット)
WincapsⅢ
(DENSOロボット)
×
FANAC ROBOGIDE
(FANACロボット)
AT on DESK 
(NACHI)
IGRIP D51R17SP3 × ×

インフラ・実績一覧

チタ製作所での搬送自動化実績です。

駆動・ロボット搬送自動化実績

●HVケース地上走行・・・8ライン
●HVハウジング地上走行・・・4ライン
●駆動ケース地上走行・・・3ライン
●駆動ハウジング地上走行・・・10ライン
●シープPri地上走行・・・6ライン
●シープSec地上走行・・・6ライン

エンジンロボット搬送自動化実績

●カムHsg天井吊り・・・19ライン
●カムHsg地上走行・・・12ライン
●ハッドシリンダ天井吊り・・・2ライン
●ヘッドシリンダ地上走行・・・22ライン

bgイメージ

海外納品実績一覧

世界で認められているチタ製作所の治具
2011年~2015年の納品実績を掲載いたします。

※国名をクリックすると詳細表示

チタ製作所・海外納品実績

 

チタ製作所の海外への治具納品実績

ローカルパートナーによる、更なるコストダウン化

ローカルパートナーによるコストダウン化

弊社は、タイのローカルパートナーによる、コスト削減を実
現しています。治具の設計変更・部品修正・立会がタイ国内
で対応可能です。現地の営業窓口であるTTMETの豊富な
販売チャンネルを活用し、スケールメリットを創出しており
ます。また、トヨタ通商の購買力を活用し、必要な日本製部
品を迅速・安価に供給ができます。

前段取り

【現地(ローカルパートナー)】
●日本からの指示に基づき材料手配を
 する。
●部品製作の加工工程表を作成する。
●製作日程の大日程計画表と詳細日程
 表を日本側と協議して作成する。
治具製作計画表

【治具製作計画表】

日本側(チタ製作所)

●部品設計を行う。
●CADの3Dモデルにてパス穴等の不備
 が無いか加工前チェックをする。
●CAMにて最終確認を実施。
 Wチェックを行う。

CAM

【CAM】

部品加工

【現地(ローカルパートナー)】
●工程指示に基づいて機械加工を
 行う。
 ①上下面の面削り、仮基準削り、
  精度無穴加工
 ②側面の面削り、精度無穴加工
 ③平面度仕上げ、面粗さ
 ④側面仕上げ、精度穴仕上げ
 ⑤精度穴仕上げ
 ⑥検査へ
一般加工機

【一般加工機】

日本側(チタ製作所)

●加工ポイントの技術的指導を行う。
●現地からの問題・技術的問い合わせに
 対する対応を行う。
●定期的にWeb Meetingを実施し、
 問題点、困り事に対してタイムリーに
 サポートを実施(週1回)。

特殊加工機

【特殊加工機】

単品検査

【現地(ローカルパートナー)】
●単品全数検査を実施。
●精度検査表を使用し単品部品の測定
 を行う。
測定機

【測定器】

日本側(チタ製作所)

●測定結果の確認を行う。
●NGの場合は、再製作の指示と加工方法
 について技術指導を行う。

測定結果資料

【測定結果資料】

組付け

【現地(ローカルパートナー)】
●チタ製作所組付ルールに基づいて組
 付けを実施。
 (トルクレンチ等の使用も含む)
●リークテストを行い、治具本体の内
 部にてエアー漏れが無いか確認し、
 漏れが無ければ油圧をかけて再度漏
 れを確認する。
●バリ取りを、ブラシ・ドリル・ヤス
 リで行いファイバースコープを使用
 して、ポート穴のバリ等を確認して
 いる。
ファイバースコープ・リークテスター

【ファイバースコープ】
【リークテスター】

日本側(チタ製作所)

●生産管理にて材料手配をする。
●生産管理で原単位にて部品製作の加工
 工程表を作成し、それぞれ加工設備に
 対するチェック表を作成。
●チェック表を基に各作業者が製作日程
 をホワイトボードに記入する。

組付け指導

【組付け指導】

ASSY測定

【現地(ローカルパートナー)】
●精度検査表を使用し各項目の測定を
 行う。
●500サイクルの耐久テストを行う。
●大型三次元測定機を用い、大物治具
 のASSY測定を実施。
テストベンチ・動作確認指導

【テストベンチ】【動作確認指導】

日本側(チタ製作所)

●測定結果の確認を行う。
●ノウハウを基に、技術的指導を行う。
●出荷OK/NGの判断を行う。

治具最終確認

【治具最終確認】

出荷

【現地(ローカルパートナー)】
●標準治具出荷チェックリストを使い、各項目を確認し全ての項目が
 OKになった時点で出荷とする。
●日本と同レベルでの最終確認を行う。
●日本と同品質の治具を完成。
タイ製作治具

【タイ製作治具】

bgイメージ