TOP > 企業情報

企業情報

  • ▶ ごあいさつ
  • ▶ 会社概要
  • ▶ 会社沿革
  • ▶ 業務内容

株式会社チタ製作所・代表あいさつ

代表取締役社長・間瀬康友

    代表取締役 間瀬康友

当社は自動車メーカーを主力ユーザーとし、永年にわたり自動車用設備の設計製作
保守、改造を行って参りました。
また、発注から納品までを社内にて一気通貫で行い、「低コスト」「高品質」「短納期」を実現します。それにより国内外のお客様から高い評価を頂いております。

特徴
1長い歴史

自動車メーカーとの50年以上の取引実績があり、その半世紀でつちかった「技術」と「知識」を目的達成の為に融合し、有形・無形のプロダクトとして新たなシステムを創り出すための知的活動ができます。

2高精度技術

エンジン、トランスミッション用加工治具・専用工作機のトップサプライヤーとして、工作機械の設計・製作・販売・及び既稼働機械の修理・改造を行っています。
当社の品質の高さは、お客様の要望に合った製品をどこまで高性能に創り上げるかという技術によって支えられております。各工程間での加工において弊社の“高精度治具"を使用することで、 より低コスト化が可能になります(※治具であった場合)。高い技術を求められれば1μ単位での正確さを追求し、品質の向上の為に日々努力を惜しみません。

3 高い内製機械加工能力を持った専用工作機メーカー・徹底した視える化管理

・恒温機械加工工場、測定室
・高性能なマシニングセンター、インテグレックス、NC平面研削盤、自社製ガンドリルマシン 等
・3次元大型NC自動測定器、真円度測定器
上記の設備を備えており、一気通貫サービスの中で当社の商品は全て内製で対応しております。 それにより、「低コスト」「高品質」「短納期」を実現します。

4機械・電気設計・機械加工・組立のすべてを持った専用加工機メーカー

設計・製作・組立、全ての現場において、お客様のニーズを的確に反映させることができます。
また、あらゆるニーズにもフレキシブルに対応可能です。

5NC・ロボットに強い専用機メーカー

その他に、ツーリング、プログラム、ディバッキングの一連に対応できる経験豊富なスタッフや、ロボットを熟知したスタッフ等、有能な人材が揃っております。

近年の生き残りをかけた社内改革は、最近5年間の業績V字回復に表れているように、歴史の長い会社がかかえ
る問題点を打破した実例として、自動車メーカーより高い評価を受けています。
一気通貫サービスを追及し「低コスト」「高品質」「短納期」の更なる実現と、当社ならではの技術を活かしてお客様に喜んでいただける設備造りに更なる努力をしてまいります。
bgイメージ

株式会社チタ製作所・会社概要

代表取締役社長・間瀬康友
社 名 株式会社チタ製作所
設 立 1946年
資本金 2,300万円(1985年4月現在)
売上高 33億500万円(2015年3月実績)
社員数 83名(顧問、パート含む)
代表者 間瀬康友
本社所在地 〒474-0071 愛知県大府市梶田町3-14 
北崎工場所在地 〒474-0001 愛知県大府市北崎町井田80−1 
事業内容
  • ・治具の設計製作
  • ・治具載せセットアップ
  • ・工程間ロボット搬送
  • ・自動車部品加工専用機の設計製作
  • ・自動車部品、タイヤ自動組付専用機の設計製作
  • ・生産設備の改造、メンテナンス
  • ・機械部品加工
  • ・その他
主な取引先
  • ・トヨタ自動車株式会社
  • ・株式会社豊田自動織機
  • ・中央精機株式会社
  • ・アイシンAW株式会社
  • ・内田硝子株式会社
  • ・愛三工業株式会社
  • ・曙ブレーキ工業株式会社
  • ・株式会社オティックス
  • ・ヤマハ発動機株式会社
  • ・豊田通商株式会社
  • ※順不同
組織図
組織図
bgイメージ

株式会社チタ製作所・沿革

チタ製作所・歴史恒温室

チタ製作所では、常に時代の先端をゆく高精度な加工技術を発揮するために、各生産工程やマシンの性能に最適な温度をコントロールする、恒温室の建設を推進。これによる室温環境が世界の超精密加工を可能にしています。

北崎工場

昭和21年 3月

名古屋市熱田区で創業

昭和35年 6月

大府市梶田町に工場及び寮を建設

昭和45年 2月

仕上組付工場建設

昭和50年 3月

株式会社チタ製作所を設立

昭和56年 6月

事務所・設計関係の新社屋を建設

平成2年 1月

CAD本格導入

平成3年 4月

チタ製作所新しいロゴを発表

平成6年 1月

トヨタから原価改善で表彰

平成8年 5月

トヨタから品質管理で表彰

平成11年 3月

トヨタより安全管理で表彰

平成13年~16年

【構造改革 】
 ・トヨタから品質管理で表彰
 ・トヨタから原価低減で表彰
 ・恒温室を増設
 ・工場・事務所の5S
 ・トヨタから新型クラウンの原価低減で表彰

平成18年

第2マシニング工場・食堂を建設

平成20年

北崎工場を建設

平成25年

タイ現調開始

平成27年

中国で現調開始

bgイメージ

株式会社チタ製作所・業務内容

優れた技術技能
自動車メーカー関連で培った、設備造りの優れた技術技能をお役に立てて頂けます。
トップクラスの加工設備と検査設備
充実した設備と恒温管理された環境で、高精度な製品の生産と検査ができます。
トップサプライヤー
エンジン・ミッション加工組立機のトップサプライヤー
トップクラスの競争力
納期・コスト・品質に関して、一気通貫であるためタイムリーに対応できます。それによる競争力があり、幅広いお客様に高い評価を受けています。
他社製品の改造も
創立以来半世紀に及ぶ経験と実績を有しています。他社製品の改造の実績も多数あります。
確立された管理体制
お客様のニーズに対応するための管理体制を確立し、「徹底した納期・品質・コスト管理」ができます。

自動車部品加工専用機の設計製作
自動車部品、タイヤ自動組付専用機の設計製作

量産加工組付機から多品種少量生産加工組付機まで、あらゆる生産領域のニーズに即応し、今後ますます進展するグローバル対応も視野に入れた次代のキーマシンをお届けしています。
・ガンドリル機(ヘッドシリンダー)
・バリ取り機、ロボット化(ヘッド・ブロックシリンダ)
・加工機(穴あけ、タップ、リーマ、面取り溝削り仕上げ)
・ペーパーラップ加工機(カムシャフト)
・シール(FIPG)塗布機、圧入機
・タイヤマウンター、タイヤインフレーター
タイヤ組付け機

機械部品加工

ジグボーラー、治具、マシニングセンター、研削盤、ガンドリルマシンを含め、多種多様な設備を多数持っており、短納期を実現できます。それにより、フレキシブルに対応できます。また、この能力を外部にも販売しています。
・トヨタ自動車の設備予備品加工
・機械構成部品の加工
ジグボーラー

治具の設計製作・セットアップ

汎用NC機に治具を取り付けることにより、専用機並みの生産性を上げることが出来ます。治具の設計から製作、プログラム、デバッキングまで一貫して行うことが出来ます。
ジグ

搬送装置の設計製作

ロボットを使った搬送装置も多数実績が有ります。
天吊り、地上走行、壁面走行、固定等。
搬送装置

生産設備の改造・メンテナンス

機種やメーカーを問わず、あらゆる保全ニーズに即応。早期点検・各種メンテナンスなど、生産ラインに影響を与えないよう、土日の48時間以内で完了させる サービス体制を整えています。また、どこのメーカーのマシンも改造修理可能で、機能の移行や拡張など、時代の変化に柔軟に対応するマシンへと甦らせます。
・電気回路変更等によるサイクルタイムアップ、省エネ改造
・エアー、クーラント、油漏れ調査修理および配管経見直し
・軸頭修理
・精度出し
・各種スライド修理
リークテスト機

ツールカウンターの販売・修理

オリジナリティ溢れる発想力と技術力 を生かして開発に取り組んだ集約型カウンターは、15年以上も支持を集めるロングセラー製品となっています。
カウンター
専用機対応可能リスト
bgイメージ